メイク道具を入れる革製ポーチは、大人のたしなみ。

RECOMMENDED POINTS

大きく口が開いてすんなり出し入れができ、バッグの中に収まりやすいサイズとフォルム。そして本革だからこそ、長く使い続けるほど味わいが増していく。そんなお気に入りのメイク道具用レザーポーチをバッグに忍ばせるのは、大人の密かな喜びといえる。

◯ハッとするほど鮮やかな発色が目を惹く、メイクのワクワク感ともリンクするかのような野村製作所のミニポシェット。パイピングが施され、形崩れすることなくメイク道具を守ってくれる。内側には財布機能が備わり、付属のストラップを付ければミニバッグとしても使用できる。ピンクとサーモンピンク(写真2枚目の右2点)は季節限定色。

◯深みのある優しいグリーンのポーチは、ユニセックスのレザー小物を展開するタイドウェイ(TIDEWAY)のもの。薄手のヌメ革にオイルをなじませて柔らかく仕上げた革を使用。小さなバッグにも収まる、リップや携帯用フレグランスなどをいれるのにぴったりなサイズ感がうれしい。

◯無駄を削ぎ落としたシンプルなフォルムと落ち着いたカラーにゴールドジップ。まさに大人のためのアイテムといえるレヴェル(REVEL)のマルチポーチ。大きな開口部だから、ファンデーションや日焼け止め、クリームもラクラク収納。シュリンクレザーの、上質な素材感を楽しみたい。

野村製作所 Nomura Seisakusho 
1923年(大正12年)創業。OEMメーカーとして革小物をつくり続けてきた実績と経験をもとに、卓越した職人技を生かしたオリジナルブランドを展開。JR東京駅のエキナカに直営店を構える。
https://nomura.handcrafted.jp/
Instagram: @nomuraseisakusho_official
「日本革市」の商品ページはこちら
タイドウェイ TIDEWAY
ブランド名のタイドウェイは“潮の流れ”という意味。ひとつとして同じ表情のない潮の流れのように、本革に遊び心を加えて、常に新しいテイストを生み出すという意味が込められている。“社会貢献”をブランドの柱のひとつにしており、日本の生産現場の活性化を願って、ほぼすべてのアイテムを国内の工場に発注してコレクションを制作。
https://tideway.sanki-net.co.jp
Instagram: @tideway_official
レヴェル REVEL
デザイナーRyo Yamazakiと、革職人であり商品撮影も担当するKeisuke Masudaが2012年に立ち上げたレザーブランド。神奈川県・湘南に工場を構え、折り紙のように革を折り曲げてつくることで縫い目を減らし、美しいシルエットに仕立てる“折革"製法により、コンパクトかつ機能的な革アイテムを追求。
https://revel.jp/
Instagram: @revelweb

photography: Kae Homma, styling: Natsumi Ogasawara, text: Miki Suka

BACK TO LIST

PAGE TOP